ブックタイトルヤマザキ動物看護専門職短期大学 動物トータルケア学科(3年制)2020

ページ
18/40

このページは ヤマザキ動物看護専門職短期大学 動物トータルケア学科(3年制)2020 の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ヤマザキ動物看護専門職短期大学 動物トータルケア学科(3年制)2020

教員紹介4割以上が実務家教員学長メッセージ2 0 0 6(平成1 8)年学校教育法の改正により「職業」という言葉が法律に成文化され、「専門職」という言葉をキーワードに専門職大学・専門職短期大学へと繋がりました。専門学校とは3つの大きな違いがあります。1つ目は、学位という国際通用性の保証。2つ目は、企業で活躍中の実務家教員による教育。3つ目は、臨地実務実習です。本学の建学の精神である「生命への畏敬」、「職業人としての自立」のもと、専門職短期大学ではその学科名が示す通り、動物の生から死に至るまでトータルに動物ケアをおこない、社会のニーズに応え産業界と消費者(飼い主)を繋ぐ人材の養成をおこなっていきます。学長山北宣久教授神学修士ヤマザキ学園にて長きに渡り生命倫理学を担当。ユーモアを交えた講義で命の豊かさを説く。動物関連産業で活躍する若い優秀な人材の入学を期待しています。学科長メッセージ永年にわたる動物病院での獣医師としての経験とヤマザキ動物看護大学での教育研究の実績を活かし、動物トータルケア学科の教育を行って参ります。また、本学では、各クラスに専任教員によるクラスアドバイザー(担任)制を敷き、学生ひとりひとりの楽しく充実したカレッジライフをバックアップしていきます。産業界からは最先端の知識・技術が得られるように多彩な人材を教員としてお迎えして、社会貢献という夢を描き実現するため、共に歩む若い方々の入学を期待しております。学科長花田道子教授博士(獣医学)獣医師自然療法を用いた疾病の予知・予防、及び動物の治癒力アップをテーマに研究。17