ブックタイトルヤマザキ動物看護専門職短期大学 動物トータルケア学科(3年制)2020

ページ
19/40

このページは ヤマザキ動物看護専門職短期大学 動物トータルケア学科(3年制)2020 の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ヤマザキ動物看護専門職短期大学 動物トータルケア学科(3年制)2020

専任教員本田三緒子図書館長・教授谷川力教授藤村響男教授山川伊津子准教授修士(危機管理学)・獣医師緊急災害時における動物病院の対応策や、運動療法と食事療法を応用したイヌの減量プログラムについて研究。博士(獣医学)イカリ消毒株式会社取締役技術研究所所長。安全・安心な衛生環境づくりの実務経験を活かし環境生物学を担当。獣医学博士・獣医師北里大学大学院にて「らい菌の鼻粘膜上皮細胞への侵入に係る分子機構を標的とした感染防御ワクチンの開発」など皮膚科学について研究。修士(社会福祉学)認定動物看護師社会福祉士精神保健福祉士認定心理士伴侶動物を介在させた人への福祉について研究。井上留美講師高柳信子講師藤原恵利子講師加藤剛講師認定動物看護師動物看護師としての長年の実務経験と、米国デイビス大学にて動物リハビリテーションの特別プログラムを修了し、日本動物リハビリテーション学会の創設に携わる。学士(獣医学)・獣医師眼科や腫瘍外科、口腔外科等の専門診療に係る豊富な臨床経験と、インターン研修生への実習指導の経験を持つ。修士(医科学)・臨床検査技師臨床検査企業での実務経験と学会発表の研究業績、検査法に関する特許登録の経験を持つ。荒木幸子講師山本央子講師宮田淳嗣助教山村拓也助教学士(商学)・N Y州L V T、認定動物看護師企業での実務経験に加え、米国の動物看護師資格を持ち、米国ホリスティック獣医学会、日本ペット栄養学会に所属し論文発表を行う。家庭犬しつけインストラクター(一社)優良家庭犬普及協会常任理事米国NPO法人Pet Partners協会や、米国動物虐待防止協会において家庭犬、セラピー犬のトレーナーやハンドラーの育成指導に従事した経験を持つ。修士(獣医保健看護学)・認定動物看護師科学的にアプローチする効果的なケアに関する研究を行う。日本動物看護学会第25回大会において「イヌにおける直腸温と腋下温の差についての考察」を発表。修士(医科学)・臨床検査技師臨床検査学における学校教育と臨床現場での動物看護師への指導の差異についてをテーマに研究。動物看護師に必要な検査の知識と技術を指導。18