ブックタイトルヤマザキ動物看護専門職短期大学

ページ
38/50

このページは ヤマザキ動物看護専門職短期大学 の電子ブックに掲載されている38ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

ヤマザキ動物看護専門職短期大学

キャンパスライフ学生生活学生寮9:10 講義(1・2 限)1日の授業開始。実習と連動して学ぶ講義では、動物の生態や疾患についてなど、動物看護に求められるさまざまな知識を学びます。12:20 ランチタイム最上階にある学生ラウンジでお昼休憩。13:10 実習( 3・4 限)①現場ですぐに対応できるよう、 実際の器具を使って実習を行います。16:20 下校放課後は友だちと渋谷の街へ。バイトがある日もあります。9:00 登校本学では、勉強と学生生活が両立できるよう、提携学生寮をご用意しています。京王線、京王井の頭線沿線に建てられていますので、通学にとても便利です。1. 朝・夕2食、栄養バランスのとれた食事で健康をサポートします。2. 寮長が常駐しているので、病気や災害時も安心です。3. 各居室には、ベッド、エアコン、机などの生活備品が完備されています。4. 先輩後輩、学校の垣根を越えて交流をすることができます。※寮によって設備が異なります。詳細は「学生寮のご案内」をご覧ください。私の1 日を紹介します!4つの特長高知県出身のため、初めての一人暮らしで不安でしたが、セキュリティーも万全ですし、皆で仲良く生活しているので、寂しくありません。体験入寮も受け付けています②一般のご家庭からお預かりして いるモデル犬と一緒に学びます。37