グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム >  専門職短期大学案内

専門職短期大学案内


専門職短期大学とは

今までの大学・短期大学及び専門学校とは異なり、産業界の要請に応え、高度な実践力と豊かな創造力を備え、産業界の将来を担う人材育成のために制度化された新たな教育機関です。 なりたい職業に直結する理論と実践の両方を学べる新しいタイプの短期大学です。

専門職短期大学5つの特色

1.学位という “国際通用性の保証”

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)等でグローバルな人材交流がより活性化する時代に国際的通用性のある動物看護短期大学士(専門職)という学位を取得できます。

2.実務家教員による教育

動物関連産業界と共に創る学校 種であることから、専任教員の4割以上に動物関連企業(動物病院を含む)からの実務家教員を配置します。なお、実務家教員の半数は、研究能力を有する教員を配置しています。

3.臨地実務実習と展開科目

3年間を通して、学内での450時間の実習に加え、学外での動物関連企業(動物病院を含 む)等での臨地実務実習を450時間行います。また、臨地実務実習の経験を踏まえ、展開科目の中で「産業論」、「起業論」、「消費者行動分析学」、「少子高齢社会と人口問題」等の専門職短期大学としての特色ある授業を受講することによリ、応用的能力を修得します。さらに修得した知識・技能等を総合し、産業界発展のために必要とされる課題について産業界の代表と共に考察します。

4.訪問看護と在宅ケアに対応した動物のトータルケアができる動物看護師の養成

飼い主の高齢化と飼育されているイヌやネコの高齢化に伴い、コンパニオンアニマルの生から死までをトータルケアできる訪問看護・在宅ケアの要望が高まっていることから、口腔ケアや動物リハビリテーション、高齢犬栄養食等の特色ある教育をおこないます。

5.飼い主と産業界と動物を繋ぐ動物看護師の養成

1兆5,000億円に届こうとする動物関連産業において、飼い主(消費者)産業界動物を繋ぎ、拡大した市場において商品アドバイス等のできる動物看護師を養成します。





学長メッセージ

ヤマザキ動物看護専門職短期大学
学長 山北宣久


2006(平成18)年学校教育法の改正により「職業」という言葉 が法律に成文化され、「専門職」という言葉をキーワードに専門 職大学・専門職短期大学へと繋がりました。

専門学校とは3つ の大きな違いがあります。1つ目は、学位という国際通用性の保証。2つ目は、企業で活躍中の実務家教員による教育。3つ目は、臨地実務実習です。

本学の建学の精神である「生命への畏敬」、「職業人としての自立」のもと、専門職短期大学ではその学科名が示す通り、動物の生から死に至るまでトータルに動物ケアをおこない、社会のニーズに応え産業界と消費者(飼い主)を繋ぐ人材の養成をおこなっていきます。動物関連産業で活躍する若い優秀な人材の入学を期待しています。

建学の精神と教育理念

建学の精神

「生命への畏敬」「職業人としての自立」
“人間は、地球上に存在する多種多様な生命に対し、尊敬の心を持ち、生態系の摂理の中で生かされている生命であるという思想のもと、共に生きるものに限りない愛を注ぐ”
この精神を通して調和のとれた平和な社会の建設に寄与する豊かな人間性と幅広い視野を持つ人間教育を行う。

創始者
山﨑 良壽

教育理念

「生命を生きる」
  • 動物愛護の精神のもと、人間が自分たちよりも小さな弱い立場の生命に思いやりの心を忘れず、動物たちと豊かに共生すること。

校風

「礼節や思いやりの心を大切にする」
  • 全ての学修を通して、正しい人生観、社会観、自然観の思想を背景に、学問・技術の修得にとどまらず、礼節や思いやりの心を育み、人として備えるべき教養を重視。
「禁煙」
  • コンパニオンアニマルを対象とした生命の教育を行っている本学園は創立以来、禁煙です。



ページの先頭へ戻る